パーキンソン病の情報ならパーキンソン.jp トップ > パーキンソン病とは? > 進行期にみられる「ウェアリング・オフ」とは? > 日常生活において最も深刻な問題、ウェアリング・オフ

進行期にみられる「ウェアリング・オフ」とは?

日常生活において最も深刻な問題、ウェアリング・オフ

パーキンソン病治療が長期化するにつれて、レボドパの効果が次第に短くなります。その結果、一旦レボドパを服用しても、次の服薬予定時間の前には症状が再び現れてしまうことがあります。
このように、レボドパが効いて症状がよくなった状態(ON時間)と、レボドパの効果が弱まり症状が再び現れた状態(OFF時間)を、1日のうちに何度も繰り返してしまう現象をウェアリング・オフといいます。
ウェアリング・オフになると、症状がよくなったり悪くなったりするのを1日に何度も繰り返してしまうことから、患者さんの日常生活に支障を来す最も深刻な問題となっています。

ウェアリング・オフがみられる患者さんの1日のパーキンソン病の状態

ウェアリング・オフがみられる患者さんの1日のパーキンソン病の状態

次へ
  • ~介護者の方へ~ 介護者コンテンツナビ
  • あきらめない! 私のパーキンソン生活
  • パーキンソン病Q&A