パーキンソン病の情報ならパーキンソン.jp トップ > パーキンソン病とは? > パーキンソン病の「4大症状」

パーキンソン病の「4大症状」

パーキンソン病では、「ドパミンの減少」によってスムーズな動きができなくなるため、「運動」に関する症状が多くみられます。
代表的な運動症状として、振戦(手や足のふるえ)、無動(動きが遅くなる)、固縮(筋肉がかたくなってこわばり、関節の曲げ伸ばしに抵抗がある)、姿勢反射障害(体のバランスがとりにくくなる)などが現れます。主要なこの4つの症状を、パーキンソン病の「4大症状」といいます。

  • 振戦
  • 無動
  • 固縮
  • 姿勢反射障害

振戦

振戦のイメージ主に手や足にふるえが生じ、何もしないでじっとしているときや、横になっているときにもふるえます。
1秒間に5回前後と、規則的にゆっくりふるえます。

【症状のイメージ】

無動

無動のイメージすべての動作が遅くなります。まばたきする回数も減り、表情が乏しくなったり、声も小さくなります。

【症状のイメージ】


  • 振戦へ

固縮

固縮のイメージ筋肉がかたくこわばって動きが悪くなり、手足がスムーズに動かせなくなります。また、関節を曲げたり伸ばそうとすると、歯車が「カクカク」ときしむような抵抗感が断続的に出ることが多くなります。

【症状のイメージ】


  • 無動へ

姿勢反射障害

姿勢反射障害のイメージ体のバランスがとりにくくなります。ちょっと押されただけで、棒のように倒れてしまいます。
立っているときは背中を丸め、前かがみになって歩きます。

【症状のイメージ】


  • 固縮へ

ひとくちメモ「振戦(ふるえ)」に注意?!

パーキンソン病患者さんのうち、最初にみられるパーキンソン病の症状で一番多くみられるのは「振戦(ふるえ)」でした。

【パーキンソン病の初発症状(287例)】

パーキンソン病の初発症状(287例)のグラフ

[柳沢 信夫:日内会誌 77:1378-1382,1988より作図]

  • ~介護者の方へ~ 介護者コンテンツナビ
  • あきらめない! 私のパーキンソン生活
  • パーキンソン病Q&A