パーキンソン病の情報ならパーキンソン.jp トップ > パーキンソン病とは? > パーキンソン病のメカニズム

パーキンソン病のメカニズム

脳内の「ドパミン」が減少することで発症!

パーキンソン病とは、脳内の黒質という場所にある神経細胞が変性したり無くなったりして、黒質で作られるドパミン」という神経伝達物質が減少してしまうことにより、脳から全身に出される運動の指令がうまく伝わらなくなり、体の動きが不自由になる病気です。
50~60歳代で発症することが多く、超高齢社会になり、ますます増える傾向にあります。

健康時は・・・

パーキンソン病では・・・

パーキンソン病患者さんの脳内の「ドパミン」を画像で見る!

下の画像は、健康成人とパーキンソン病患者さんの脳内に存在する「ドパミン」の量がどのように違うのかを、脳画像診断(FMT-PET)で比較したものです。画像の赤い部分にドパミンが存在しています。

健康成人の脳

黒質の神経細胞で作られたドパミンは、脳内の線条体という場所で放出されます。
健康成人では、線条体でドパミンが豊富に確認されています。

パーキンソン病患者さんの脳

パーキンソン病患者さんでは、脳内の線条体でドパミンが少なくなっています。
画像は右半身から発症した症例。左側にある線条体でドパミンの減少が目立ちます。

【画像提供】自治医大ステーション・ブレインクリニック 藤本 健一 先生
自治医科大学 神経内科学 村松 慎一 先生

ひとくちメモ「黒質」の神経細胞が変性する原因は、いまだ不明です

黒質の神経細胞が変性する原因として、
●環境との関わり、●神経毒、●酸化ストレス(活性酸素)、●ミトコンドリア障害、●遺伝的素因
などの仮説が報告されていますが、いまだはっきりとした原因はわかっていません。

  • ~介護者の方へ~ 介護者コンテンツナビ
  • あきらめない! 私のパーキンソン生活
  • パーキンソン病Q&A